俺にも手が届く巨乳女性がいる店

grqtqtt6tyt

暑いこの時期になると、肌を露出させた女性たちが増え、俺にとっては嬉しい季節です。
しかし、目の前にあるリアル巨乳を見るだけで、それに触れることのできない虚しさも同時に襲ってきます。

街行く魅力的な可愛い女性たちは、大きなデカパイをワッサワッサ揺らしながら足早に歩いて行きます。
俺は、その女性たちの後ろを“金魚のフン”のように追いかけてしまうのです。
そして気づくと、俺は目的地とはぜんぜん違う場所まで女性たちの後ろを尾行してしまっています(笑)
男って、本当に虚しい生き物なのですね(笑)

こんな俺は根っからのデカパイ好きで、巨乳女子がいないと生きる活力さえ生まれません。
大きな巨乳を見ていると、場所もわきまえずに勃起してしまう俺。
街で女の子をナンパするときも、俺の狙う標的は巨乳女性ばかり。
Cカップ以下は一切興味がありませんwww

最低でもEカップ以上の豊満なデカパイじゃないと、俺のチンポも反応しないのです。
そんな俺は、手の届かない一般のデカパイ女性の代わりとして、普段から利用しているのが巨乳風俗です。
この巨乳専門のエッチ風俗店に行けば、こんな変態な俺を拒否する女性は一人もいません。
もはや、喜んでサービスをしてくれます(笑)

そして俺の最大の自慢でもある巨大チンチンをパックリ挟んでくれる巨乳の風俗嬢。
亀頭の先から溢れ出す我慢汁を、舌の先で舐めながら竿をデカパイできつく挟んで刺激してくれる・・・

美人で可愛いデカパイばかりが集まった巨乳専門の風俗がある限り、俺はナンパに失敗しても挫けません!